« 会社の役職名 | トップページ | 「マニュアルジェネレーション」担当部分その①前半 »

2011年2月 1日 (火)

「楽器たちの図書館」読み終えました

短編集「악기들의 도서관」(楽器たちの図書館)book とりあえず最後まで読みました。

面白かったですsign01
音楽と音がいつも背景に見え隠れし、キラキラしているようなshine そんな印象を受けました。

最後の「엇박자 D」(題名の訳が難しい・・・bearing)は、音楽の永遠の課題?음치「音痴」がテーマ。
何とも不思議で楽しいお話でした。

中で唯一、直接には音楽が一切現れない「무방향 버스」(無方向バス)は、ミステリーのような、ファンタジーのような感じで、読後、ず~っと残響が残っているみたいな気がしました。

最後に評論家の解説があるのですが、これがガチガチに固い。
いわゆる論説調で、わざわざなんでこんなに難しく表現するのか?て思います。
評論、てのはどこの国でも権威づけっぽくカタく書くものなんだな~gawk
日本でもそうですもんね。

ぽにょっ会のみなさま、最後の手書きメッセージはもう読まれましたか?
김중혁さんが直接語りかけてくれるようで、嬉しいですheart04
まだの方はぜひ、お薦めします。

|

« 会社の役職名 | トップページ | 「マニュアルジェネレーション」担当部分その①前半 »

ぽにょっ会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1439924/38694269

この記事へのトラックバック一覧です: 「楽器たちの図書館」読み終えました:

« 会社の役職名 | トップページ | 「マニュアルジェネレーション」担当部分その①前半 »