« もうすぐ締め切り | トップページ | 「ビニール狂時代」担当部分 »

2011年4月 7日 (木)

とりあえず終わりました

「ビニル狂時代」、とりあえず、最後まで訳し終えました。

まだまだ、もっと推敲が必要だと思いますが、とにかく、やれやれ・・・。

主人公はDJのタマゴ、というイマドキの若者。
レコードをギュンギュン回すDJ音楽にはついていけない、冬ソナおばさん世代の私としては、
肝心のDJ音楽を実感できないので、なんか、やりにくかったです。

とくに、ラップの部分は、困る!
もとの韓国語の意味もニュアンスもよくわからないし、日本語にするにも、ラップらしく?なんてムリ~(>_<)

これも勉強ですね。

|

« もうすぐ締め切り | トップページ | 「ビニール狂時代」担当部分 »

ぽにょっ会」カテゴリの記事

コメント

私も同じです。DJの仕事ぶりがちょっと理解しづらいですねぇ(^^;)。
この作品、なかなか恐いお話でしたよね。
今また地震が...。恐かったです。

投稿: ハーちゃん | 2011年4月 7日 (木) 23:51

出だしがいきなりラップなんですよねsign02
最初、吃音かと思いましたcoldsweats01

投稿: ゆう | 2011年4月 8日 (金) 23:09

ハーちゃんさん、同じ年代でしょうか?
DJ音楽に関しては、私、あの「男」のほうが感覚近いかも…(^_^;)

投稿: ひがなお | 2011年4月11日 (月) 08:48

ゆうさん、私も最初読み始めたときは、吃音かと思いました!
最初と最後にラップ登場で、私たち、当たり?でしたね。

投稿: ひがなお | 2011年4月11日 (月) 08:50

私の担当箇所は、욕というか、人を傷つけようとする言葉ばかりで、それはそれで苦労しました~。

今回は少し慣れたのか、苦しみながらも楽しく!?やれたかな~と思いました。
ところでDJ学院って本当にあるんでしょうか(笑)

投稿: おけいはん。 | 2011年4月11日 (月) 23:31

おけいはん。さん
そうそう、DJ芸術研究学院なんて、まさか本当にはないでしょ~、と思いました。
でももしかして、학원好きの韓国なら、あるんでしょうか?

投稿: ひがなお | 2011年4月12日 (火) 19:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1439924/39520986

この記事へのトラックバック一覧です: とりあえず終わりました:

« もうすぐ締め切り | トップページ | 「ビニール狂時代」担当部分 »