« とりあえず終わりました | トップページ | ハングル検定試験 »

2011年4月17日 (日)

「ビニール狂時代」担当部分

最後の部分が担当でした。

DJはアーティストか?という男の質問に対して、部屋から出してほしいばかりに「アーティストではない」なんて答えていた主人公が、最後に、「人はみんな、ある程度DJ」「僕はDJだ」とい結論に至るところ、う~ん、なるほど、と思いました。

「リミックス作家」「DJ作家」と呼ばれるキム・ジュンヒョクさんの面目躍如、てところでしょうか。

この短編集の7番目の作品は、本当に既存の小説からリミックスしてしまう、という「DJ小説」?
この「ビニール狂時代」は、その布石というか、やはり全体が繋がっている感じで、何とも面白いです。

以下、担当部分で悩んだところ、気になったところです。

○p.101 12行目 몰고 갔다
直訳すると「(気絶直前まで)追い込んでいった」。
失神寸前まで盛り上げた、てことでしょうが、なんか若者らしい言葉はないかな~、と思い「イカせてやった」としてみました。

○p.101 下から5行目  공연 제의
「公演の提議」→「コンサートのオファー」としました。
が、DJがクラブでやるのは「コンサート」かなあ、となんかしっくりこなかったのですが…
今!思い出しました!
「ライブ」ですね。
なんでこの言葉を思いつかなかったのか・・・(>_<)
私の文中「コンサート」」はすべて「ライブ」にしてください。すみませんm(_ _)m
それとも他にもっとぴったりの言葉があるでしょうか?

○p.101 最下行 병이다
「(よくある)病気だ」→「職業病だ」としました。
でも調べてみると、직업병 という言葉もちゃんとあるんですね。
あえて、병 としているのなら、作者の意図を尊重しないといけないし…。
こんなことも、いちいち悩んでしまいます。

○p.102 8~13行目 ラップ部分
「踏み臼」って何?「餅つき」?
おそらくDJ音楽のビート感を比喩的に言っているのだと思いますが、そもそもDJがどういうものか、まともに聞いたことがないので、わからない~(T_T)
できるだけラップっぽくしてみたつもりですが、無理ありすぎですね(^_^;)

○p.103 6行目 심문
「尋問」といえば、日本では主に裁判で行うものというイメージですが、韓国では警察の取り調べも「尋問」なんですね。
以前見た韓ドラで、심문 と言ってるのが、字幕で「取り調べ」となっていたのを思い出しました。

○p.103 10~11行目 자꾸 아름다운 음악 얘길 하는데
「しきりに美しい音楽の話をするけど」
자꾸 も訳しにくい単語です。しきりに、何度も、どんどん、ひっきりなしに、…。
これは多分自然な韓国語だと思うので、自然な日本語だとどういうだろうか、と考え、「美しい音楽、美しい音楽って言うけど」としてみました。
どうでしょうか?

○p.103 最下行~p.1041行目 연습실을 가득 채웠다
「(ビートが流れ出て)練習室をいっぱいに満たした」
このままだとぎこちないので、「流れるビートが練習室に響き渡った」としました。
「いっぱいに満ちた」感じがいまいち出てないかな、と思いましたが、他にいい訳が思いつかず・・・。
この 가득 채웠다 が、男の 600장을 채워, という台詞を思い出させます。これも、ジュンヒョク作家が意図してこの言葉を選んでいるのでしょうか?

○全体に
・一人称は、「僕」に、コアラとの会話の中では「俺」にしました。
今どき、男性の友達どうしで「僕」という20代の若者はいないでしょうから。

・しょっちゅう出てくる 음반 を、「レコード」にするか「CD」にするか、悩みました。
韓国では両方とも 음반 なんですね。레코드,  시디 も出てくるし、どう区別しているのか…。
DJ演奏に使うのはレコードでしょうが、最後に将来DJとして음반 を出す、というところは、これはCD?と思うし…。
よくあることですが、日韓の「区別の境界線の違い」は悩ましくもあり、面白いです。

みなさんのコメントをいただけると嬉しいです(*^_^*)

|

« とりあえず終わりました | トップページ | ハングル検定試験 »

ぽにょっ会」カテゴリの記事

コメント

そうそう~、공연と음반の二つに私も悩まされました^^;
DJイベントだとレイブという言葉もありますが、
パッと聞いてわかるのはやっぱりライブですよね?

물고 갔다を「イカせてやった」って、ナイスですねぇ!!
私は「気絶寸前まで追いやってやった」としました。でも長いので~。

投稿: おけいはん。 | 2011年4月17日 (日) 15:03

果たしてこの人はDJとして立ち直れるのか? そうあって欲しいと思わせる最後でしたね(^^)。
まずp100の16行目の
 짐작이 갔다→察しがついた
これ良いですねぇ。
p103の10〜11行目の
 자꾸の訳し方
これも私だと平凡に「何度も」ってやっちゃうんですよねぇ。「繰り返す」と言う手があったんだ。なるほど。
本当に勉強になりました(^^)。

投稿: ハーちゃん | 2011年4月17日 (日) 16:39

おけいはん。さん、
レイブとは、初めて聞きました!さすが専門家ですね。
おけいはん。さんの歌をお聴きしてみたいです(*^_^*)

投稿: ひがなお | 2011年4月18日 (月) 06:07

ハーちゃんさん、コメントありがとうございます。
자꾸の訳し方、日本語ではけっこうこんな具体的なくり返し、しますよね?
文字にするとなんかヘンなしつこい感じがするけど…。
結構悩んだのでお褒めいただき嬉しいです(^_^)

投稿: ひがなお | 2011年4月18日 (月) 06:11

今回の訳を通して、翻訳は自分の持っているボキャブラリーを越えないとダメなんだということがよくわかりました。
自分では使えない言葉ってありますよね。
たとえば「イカせてやった」って。私には無理。

ラップの部分もいい感じですね~good
リズム感があって。

「美しい音楽、美しい音楽って言うけど」は感動的な翻訳!
자꾸は歌詞にもよく出てきて本当に訳し難い言葉だなと思っていたのですが、こんな手が。。。すばらしいです!

音って空気の振動で伝わる波のようなものなのですが、この小説を読んでいると、音自体が分子のような形のあるものに思えますよね。
空間を満たすとか、音が流れ出てとか、そんな表現が多いせいでしょうか。

とても勉強になりましたhappy01


投稿: テラ | 2011年4月27日 (水) 11:22

テラさん、コメントありがとうございます。
音が分子のような形あるものに思える…ほんと、「マニュアル」のオルゴールの場面でも、感じました。
ジュンヒョク作家の感性なんでしょうか。
私、とても好きです(*^_^*)

自分で使うことのない言葉を書く、というのはちょっとだけ疑似体験みたいですね。
DJの若者になったつもりであれこれ言葉を探したり、ピアニストや青年社長ならどんな言葉、どんな気持ち?て考えたり。
翻訳することによって、フィクションの面白さを、より深く体験できるような気がします。

投稿: ひがなお | 2011年4月30日 (土) 11:14

この訳すごくいいな!と思ったところ、みなさんが挙げて下さっているので繰り返しませんが、101ページ15行目「売れっ子DJ」とか16行目「オファー」だとかも、私は思いつきませんでしたcoldsweats02

以下は疑問点です。
101ページ18行目の「팔목터널증후군」(手首トンネル症候群)ってあるんですか?>病名として。私は単純に「腱鞘炎」ってしちゃったんですけど。

102ページ8行目「디딜방아」(踏み臼)は、何なんですかね? DJとの共通点が見つからない…。ネットで検索すると、農具としても出てきますが、ルームウォーカーみたいな器具としても(>トレッドミル)ひっかかったのですが、どちらにしろ、意味がわかりませんでした。

投稿: nikka | 2011年5月 1日 (日) 23:53

nikkaさん
「手首トンネル症候群」は、れっきとした実在の病名のようです。日本語で検索するとすぐわかります。パソコンのやり過ぎなど手首に負担をかけ続けると、「手首の中にある"手根管"というトンネル状の部分が炎症を起こし、神経や腱が圧迫されることで起こる病気」だそうです。
へ~、ですよね。

디딜방아…「踏み臼」って、私が調べた限りでは、臼を地面に埋めるようにして、てこの原理で杵の一端を足で踏んで穀物を搗く農具…だそうです。
방아は、穀物を搗く臼のことで、물레방아(水車)연자방아(ひき臼)기계방아(機械臼)、などがあります。
디딜は、디디다(踏む)。なので디딜방아 は「踏み臼」。
この臼をリズミカルに「踏む」動作が、足でリズムを取るDJと、そのビート感に繋がるのだと思います。ノリのいい音楽を聞いていると自然に体が動いて足でステップを踏みますよね。そのリズム感を、足で臼を踏むリズム、餅つきをするリズムにたとえているのだと、解釈しました。
穀物を搗くのは重労働だけど、踏む動作は楽しくもあり、その素朴な楽しさとDJの楽しさが繋がり、人間の本質的な音楽とビートへの欲求が現れている…なんて、深読みし過ぎ?(^_^;)

投稿: ひがなお | 2011年5月 2日 (月) 10:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1439924/39642072

この記事へのトラックバック一覧です: 「ビニール狂時代」担当部分:

« とりあえず終わりました | トップページ | ハングル検定試験 »