« オンマをお願い | トップページ | オンマは・・・ »

2011年10月 4日 (火)

え~、オンマが・・・

엄마를 부탁해 Onma2

ようやく第4章の終わり近くまで来ました。
全4章+長いエピローグの作品です。

(以下、ネタばれあります)

第1章は2人称(長女)。第2章は3人称(長男)。第3章はまた2人称(夫)。
そして、第4章は1人称。オンマ自身が語り手となって、次女を、秘密の人を語る。
失踪してから何ヶ月もたっている様子。
鳥になって次女の家をうかがい、秘密の人の元へ行き・・・
てことは、オンマは死んじゃってるってこと!?

う~ん、ますます先が気になります。
궁금해~catface

|

« オンマをお願い | トップページ | オンマは・・・ »

韓国語」カテゴリの記事

コメント

私は読みながら、ずっとオンマの容姿を想像していたら、
なんだかやりきれなくなってしまいました。
でも、そのやりきれなさって、
韓国女性の立場というか、
社会的に置かれている場所というか、
そういうのに繋がっているように感じました。
最近、日本の小説はよく読んでるんですけどね。
韓国語(原書)はやっぱり気合いが必要ですね。

投稿: nikka | 2011年10月 5日 (水) 23:52

家族のために尽くす女性、という母親像は、古今東西あるように思いますが、このオンマもまさにそうですね。
しかし現代女性の作家の視点で、情緒的過ぎず、ある意味覚めた感覚で、しかも温かく書かれたのがベストセラーの原因のひとつかな、と思いました。
ご本人のお話が楽しみです。

投稿: ひがなお | 2011年10月 7日 (金) 05:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1439924/42247016

この記事へのトラックバック一覧です: え~、オンマが・・・:

« オンマをお願い | トップページ | オンマは・・・ »