« 第二言語習得論 | トップページ | ハンドインハンド »

2011年11月28日 (月)

「ガラスの盾」担当部分

ぽにょっ会で翻訳している、キム・ジュンヒョク短編集「楽器たちの図書館」。
今回は5番目の「ガラスの盾」です。

私の担当部分は、169ページ19行目から175ページ10行目。ネット新聞のインタビュー場面でした。
地下鉄の中で、プラスチックの剣と盾でチャンバラごっこをする主人公とM。インタビューに、冗談でもっともらしく答える彼ら。なかなか面白いところです。

以下、悩んだところ、気になったところです。

○171、172ページ 췌췌엥, 췌엥
チャンバラの音ですが、剣を戦わせる音って、どんな擬音になるのか・・・。
そのまま近いカタカナにすると、チェチェーン、チェーン、でしょうが、何か、剣の音って感じがしません゚(´O`)°
もうちょっと硬い感じかな、と思い、カーン、にしたのですが、これもしっくりきません。
おもちゃの音だから、チェーン、でもよかったかな、と後から思いました。

○173ページ7行目
ブルース・ナウマンって初めて聞く名前なので、調べたところ、有名な現代アーティストだそうですね。
The True Artist Helps the World by Revealing Mystic Truths - 「真のアーティストは、神秘的な真実をあかすことで世界を救う」と書かれたネオンサイン(1967年)は、代表作だそうです。

신비한 진실 と、신비하다(神秘だ)という形容詞があるんですね。日本語だと「神秘的な」、と~的をつけますよね。
日本語では「~的」をつけない形容詞・形容動詞が、韓国語では~적 になることが多く、たとえば、정상적[正常的](正常だ)とか。「マニュアル・ジェネレーション」に出てきましたね。
でも、これは反対。こんなこともあるんだ~、と面白いです。

○173ページ 下から4行目
워낙 실패를 자주 하다보니 거기에서 실이 풀려나온 것 같다
「もともと失敗をしょっちゅうしていたら、そこから糸がほどけ出てきたようだ」直訳です。
いまいち、言いたいことがわかりません。冗談で答えた、とあるので、なんか引っ掛けの冗談なのでしょうが、どういうことか・・・。

○174ページ4、6行目 이벤트
「イベント」ですが、日本語でいう「イベント」は大がかりな催しみたいなイメージです。冗談交じりの会話なので、
あえて使っているのかもしれませんが、それにしても「イベント」のままでは、なんかおかしい感じ・・・ε-( ̄ヘ ̄)┌
「パフォーマンス」のほうがしっくりくる感じがするのですが、別の箇所で 퍼포먼스 という単語も使っているので、ここは違うのか、と。
こんな外来語も、それぞれ、日本語、韓国語の中で微妙に意味や使われ方が変化していて、ずれが生じていることがあるので、案外難しいです。

○174ページ12行目  
제대로 된 사람을 뽑을 생각이라면 5분은 기다릴 줄 알아야 되는데 말이죠.
直訳「ちゃんとした人を選ぶ考えなら5分は待てなくてはいけないのに、ですよ」 → 「まともな人を採用しようとするなら、5分くらいは待てなくてどうするって話ですよ」
どや訳、てほどでもないですが、最後の 말이죠 のニュアンスをどう訳出するか悩んで、こんなふうにしてみました。どうでしょうか?

○全体によく出てくる単語
실, 밧줄, 끈 。  それぞれ代表的な訳は、糸、綱、紐、ですが、これもそれぞれの日本語が指すものと、韓国語が指すものが、微妙にずれているのかも、と思いました。
私は「糸」というと、縫い物に使う細~いものを思い浮かべます。面接官の前でほどいてみせたり、地下鉄の中で床を這わせたり、という場面を考えると、「糸」では細すぎてよく見えないのでは?と思います。
かさがたくさんある、という箇所もあったので、私のイメージは「毛糸」でした。
「毛糸」は 털실 ですが、もしかして 毛糸を単に 실 とも言うのか。。。調べてみたけど、よくわかりませんでした。
彼らが持っていた 실 の太さ、材質が気になります。

みなさんは、どんな「糸」を思い浮かべていたのでしょうか?

|

« 第二言語習得論 | トップページ | ハンドインハンド »

ぽにょっ会」カテゴリの記事

コメント

ひがなおさん、こんばんはー。
訳を読ませていただいてひっかかる所、何も無くて...(^^;)。すみませ〜ん、って感じですね。
私も最初から「毛糸」をイメージしちゃってたのですが、どうなんでしょう?
p173の下から4行目ですが「실패」の「실」とかけたのかな、なんて思いました。けど日本語訳としては上手く訳せませんでした(^^;)。
ドヤ顔の訳も良いですね(^^)。
今後ともがんばりましょう!

投稿: ハーちゃん | 2011年11月28日 (月) 18:01

私はチェイーンと、チェチェイーンにしました。
おもちゃの音なので、安っぽく。

あと、비키니 옷장って私が学生のころはファンシーケースって呼んでいて、当時もすでに絶滅しつつあったので今でもソウルの学生は使っているのかと思って懐かしくなりました。

私はそのままにしてしまったんですけど、確かに韓国の方が個人的なことにもイベントってよく使いますね。
百日記念に恋人に花を贈るのもイベントだけど、日本語のイベントとは違いますものね~。

投稿: たま | 2011年11月30日 (水) 17:11

チャンバラの音、チャリーン、チャリンチャリーンにしました。「剣」という字を見て、そうか!その方が韓国っぽいなぁと思いました。私は「刀」

「실패」は私も「실」にかけたのだと思いましたけど、和訳は無理かなと。。。

말이죠の訳はいいですね!

실, 밧줄, 끈は、糸、縄、紐にしました。
私は日常的に糸をよく使うのですが、確かに絹糸のように細い糸ではないですね。
初めに2人がほどいていた糸は、ボタンつけ用の木綿糸~タコ糸くらいの太さかと思いました。硬いけどピンと張りがある感じではない。
その後インタビューで使ったのは、巾着とかに通す木綿や化繊のロープ。
綱というと綱引きの綱くらいの太いイメージなので、私は縄かなと思いました。

その他、作家「アーティスト」と「堪え性」はいいなと思ってメモしましたpencil

投稿: テラ | 2011年11月30日 (水) 21:35

>ハーちゃんさん
いつもありがとうございます。
「실패」の「실」とかけた駄洒落ってことでしょうか。
これは日本語訳不可能・・・?(;;;´Д`)
これを上手く日本語にできたら、それこそ「どや訳」でしょうけど。

投稿: ひがなお | 2011年12月 3日 (土) 16:15

>たまさん
そうそう、あのファンシーケース、韓国ドラマで時々見かけます。懐かしい~昭和の香りというか・・・。
「イベント」という外来語一つにしても、微妙にイメージや使用範囲のずれがあって、難しくも面白いですね(o^-^o)

投稿: ひがなお | 2011年12月 3日 (土) 16:19

>テラさん
チャリーン、いいですね!おもちゃの剣って感じがします。
「실패」はやはり「실」にかけた駄洒落でしょうね。
やっぱり和訳は無理ですか・・・(ρ_;)
なるほど、初めにほどいていたのは、たこ糸くらいな感じです。
「紐」と「縄」の違いって、太さだけでなく、材質などにもよるのでは?とか考え出すと、きりがないですね(*^-^)

投稿: ひがなお | 2011年12月 3日 (土) 16:32

ひがなおさん
いつもながら、とってもよく練られていて自然な訳だなあって思いました。特に会話。チャンバラする時の掛け合いなど「どや訳」いっぱいですね。

擬音は難しかったですね。私の分担のところにも出てくるのですが、チェーンだと日本語で聞いたことないな、と思い、あれこれ口に出してみたのですが、結局いい音が見つかりませんでした。しかたなく「チャーン」と。チャンバラっていう位ですからねcoldsweats01でもしっくりきません。
今日、たまたま「コーヒープリンス1号店」を見ていたら、ヒーローの社長が模型の兵士を動かしながら췌엥,췌엥と言っていて、結構刀の触れあう音に聞こえました。

실패は「失敗」と「糸巻き」の意味があって、だから「そこから糸がほどけているsign01」という駄洒落なんでしょうね。

糸、綱、紐、については同感で、糸ではパフォーマンスするにも見えにくいし、第一からまったら簡単にはほどけませんよねsign04ネイティブの人に聞いて見ようと思います。

投稿: ゆう | 2011年12月 4日 (日) 23:22

>ゆうさん
실패は「糸巻き」の意味があるんですね!
ほんとだ~。辞書にちゃんとありますね。やはり知ってると思ってる単語も、辞書に当たってみなくちゃいけませんね。反省…sweat02
췌엥は、韓国語では刀や剣の音として定着しているんですね。擬音・擬態語はほんとにやっかいです。
教えていただいてありがとうございました(o^-^o)

投稿: ひがなお | 2011年12月 8日 (木) 16:50

5분은 기다릴 줄 알아야 되는데 말이죠、これが
待てなくてどうする、なんて最高ですね!!!
는데 말이죠だと私は「~ってもんでしょ」ってかく癖があるようです。

糸の話ですが、個人的には실より줄のほうが動きのないイメージなんです。
まっすぐ、というか。실は、逆に軽くて動きのある印象です。

この話は全体的に糸や線がポイントになってますよね。
실패のひっかけも、一人で読んでいたら知るはずのない知識でした~。
やっぱりみんなでやっていくのは素晴らしいことですね~。

投稿: おけいはん。 | 2011年12月11日 (日) 17:40

>おけいはん。さん
ほんと、こうやって会の仲間のおかげで知識も増え、色んな角度から考えることもできて、お互いに向上していける感じで、すごくいいですね!
는데 말이죠を「~ってもんでしょ」てのもいいですね。とても自然です。(o^-^o)

投稿: ひがなお | 2011年12月11日 (日) 20:51

糸巻きと失敗のかけことば、翻訳版の最後にちゃんと訳注がありましたよ~!

読んだときに思い出してニヤリとしちゃいました。

投稿: たま | 2011年12月16日 (金) 21:29

>たまさん
プロの翻訳家でも訳注とするしかない、てことですね。
私はまだ翻訳版は買わずに我慢してます。全部訳してから読もうと思ってます。

投稿: ひがなお | 2011年12月20日 (火) 13:52

遅コメごめんなさい!!

ほんと、自然な訳で、お上手だな~と感心しきりconfident

皆さんがあげてらっしゃる以外には、171ページ「浮かない顔だった」、174ページ「調子に乗って」がナイスです。

실패は2つの意味がかけられてたんですか~!? なるほど。

ブルース・ナウマンの注釈、ありがとうございます。1967年の代表作ということは、その話を持ち出す記者がそれなりの年だということを想像させますね。60歳くらいということかな? 若い作家がこういうのを知っていて材料として使うのって面白いですね。

175ページ「なかなかいいじゃないか?」ですが、もちろんこのままでもいいと思いますが、「それらしいじゃないか?」と直訳の方がいいかな?と思いました。「芸術家っぽく写っている」という意味で。

今年もよろしくお願いします~。

投稿: nikka | 2012年1月 4日 (水) 16:47

>nikkaさん
コメントありがとうございます。
ブルース・ナウマンを持ち出すのは、やはりジュンヒョク作家がイラスト描いたり、アートな方だからかな、と思いました。12月の来日時のレポート拝見して、ますますそんな感じがします。
やっぱり「それらしいじゃないか」のほうがそれらしいですかね?winkじつは私もちょっと悩んだところです。芸術家らしく見えるじゃないか、という意味ですもんね。

こちらこそ、今年もよろしくお願いします(o^-^o)

投稿: ひがなお、 | 2012年1月 5日 (木) 10:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1439924/43164835

この記事へのトラックバック一覧です: 「ガラスの盾」担当部分:

« 第二言語習得論 | トップページ | ハンドインハンド »