« 外国語の水曜日 | トップページ | ハングル検定 »

2012年3月30日 (金)

ケナリも花、サクラも花

韓国語を学習する方なら、ご存知の方が多いことと思います。
私もずっと前から気になっていたのですが、ようやく読みました。

Kenari

鷺沢萌「ケナリも花、サクラも花」新潮社

中3国語の教科書にも一部が掲載されているそうです。
初版は1994年。今は文庫版が出ています。

上智大学外国語学部ロシア語学科在学中に小説家としてデビューし、文学界新人賞、泉鏡花賞などを受賞した作家、鷺沢萠さんが、1993年に延世大学語学堂に半年間語学留学したときの体験、思いを綴ったエッセイ。

鷺沢さんは、20歳を過ぎて、父方の祖母が韓国人であったことを知り、祖母の母国・韓国で韓国語を学ぶことを思い立ったとか。

当時日本から韓国に語学留学する人は、ほとんどがいわゆる在日韓国・朝鮮人2世・3世の僑胞(ギョポ)。
4分の1クオーターの自分は、韓国人でもなく、まるまるの日本人でもなく、僑胞でもない。その苦悩、思いがまっすぐに伝わってきます。

大部分は、筆者のその思いに溢れる文なのですが、私がとくに印象に残ったのは、やはり「ことば」に関することでした。

「音」だけで韓国語を憶えている在日以外の僑胞に対して驚くところ。
「空軍」という漢字語を例に挙げ、「コングン」という音だけで意味を理解し「空軍」という漢字を思い浮かべることなしに把握しているとは、すごい、信じられない、という。

「彼らの頭の中を覗いてみたい。空軍という単語と空港(コンハン)という単語が、どういう繋がりをもっているのか、コンという音が同一であることと意味上の類似性とが、頭の中でどういうふうに区分けされているのか、わたしはほんとうに見てみたい(というか、それを体験してみたい)。ああ、ことばって面白い。」

これは、私も韓国語を学びながらいつも思っていたことでした。
韓国語ネイティブの頭の中を覗いてみたい。漢字語なのに漢字を知らずに音だけで理解しているなんて、どういう感覚なんだろう、と不思議に思っていました。

その不可思議さが解消されたのは、以前の記事に挙げた「漢字と日本人」です。
「ことば」の実体は、「音」。
「ことば」はまず「音」として誕生し、「文字」はごく最近、ことばを記録するためにできたもの。
文字を持たない言語も多く(おそらく文字を持つほうが少ない)、漢字やアルファベットなどを借りて表記する言語も数多い。
聞き話すことに不自由はないけれど読み書きできない、という人も多いし、数百年前までは日本でもそれが当たり前だった。
それが、識字率が上がり、明治以降大量に漢字の造語が生まれ、日本人は漢字を思い浮かべながら話す「漢字はり付き」現象が普通になってしまった。

つまり、「音」より「文字」が先に立つ逆転現象が起きている、というふうに理解すると、日本語ネイティブこそ本来のことばのありようが逆転しているのだ、となぜかすっきりしました。

英語など印欧語、その他の言語で、文字を思い浮かべながら母語を聞き話す、ということはあるのでしょうか。
日本語の「漢字はり付き」はかなり特殊なような気がします。
しかし、世界には数千の言語があるといわれています。中には現代日本語のように文字が先立つ言語もあるかもしれません。
そんなことも調べてみたいです。


また、この本の中で語学の習得方法について、上智大学の教授の話も印象深いです。

語学習得の方法としてふたつある。
ひとつはとにかくその言語を使用する集団の中に入って、耳と口と体全体とで憶えていく方法。
もうひとつは、その言語を体系的に把握し、品詞や構文を理解したうえでことばを紡いで行く方法。
両方とも必要なこと。
幼児のようにはいかないが、何かの拍子に耳でキャッチしたことばに対して「あ、こういうふうに言うんだ!」と発見することはとても大事だ、と。
しかし、君たちは二十歳近い大人なのだから体系的な理解力はあるはずだ。その理解のうえのほうがスマートで時間のロスも少ない。
そのほうが「大人げがある」と筆者は言う。

二倍成人?をはるかに超えた十分すぎる大人としては、やはりそうだよね、と頷きました。
外国語を学ぶ目的は人様々ですが、私の場合必要に迫られたわけでもなく、とにかく「知りたい」「理解したい」という気持ちからなので、自分の目的に合ったやり方でいい、と少し楽になりました。

鷺沢萠さんは2004年に35歳でこの世を去られましたが、今の日韓についてどう感じられるか、もっと書いて欲しかったです。

|

« 外国語の水曜日 | トップページ | ハングル検定 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

これ、自分では読んだつもりだったのですが、どうも読んでいないようです。すご〜く面白そうですので、早速予約しましょう。
ひがなおさんのおかげで、いろんな本を読んで「自分が日本語について無知である」ことを知り「良かったなぁ」と思ってます。まだまだわからないことだらけですけどね(^^;)。

投稿: ハーちゃん | 2012年3月31日 (土) 00:20

鷺沢萌さんが韓国と血のつながりがあることをラッキーだったと語っていたことと、自ら死を選んだ時のことはよく記憶に残っています。
私も最近、図書館に行くようになったので探してみます。

「漢字はり付き」現象という言葉は日本人に特異なものなのですか。。。
それでいうと、私はものすごく日本的なのだと思わされました。
韓国語もハングルを思い浮かべながら話していますから。
だからスラスラといかないんですね。。。
耳で聞いた言葉は発音に自信がなくて、困っています。

投稿: テラ | 2012年3月31日 (土) 21:55

>ハーちゃんさん
日本人のみならず、おそらく誰もが母語については無自覚なのだと思います。無知というよりは無自覚。
考えてみれば当たり前ですよね。
外国語を学ぶと否応無しに母語について自覚させられます。とくに韓国語は。
そこが面白くもあり、ドロ沼のようでもあり・・・(;;;´Д`)ゝ
韓国ネイティブだからと質問しても、かえって混乱することがよくあるのは、彼らもやはり母語に無自覚であるからでしょうね。また日本語について聞かれても上手く答えられないこともよくあります。
お互い様ですねcoldsweats01

投稿: ひがなお | 2012年4月 1日 (日) 15:49

>テラさん
私もまさにその点で苦慮しています(;´д`)トホホ…
耳で区別できない音は文字で憶えるしかないですもんね。私もハングルを思い浮かべながら話しています、というか、そうしないと区別して発音するのは不可能です。
文字が先立つ、文字に頼る、というのは漢字はり付き日本語ネイティブの宿命なのでしょうか・・・sad
二倍成人以降に学習を始めて、文字に頼らないで聞き話せるようになった人がいたら、ぜひ秘訣を知りたいものです。

投稿: ひがなお | 2012年4月 1日 (日) 15:58

彼女の自殺の報に接したときは、本当にショックでした。
「ケナリもサクラも立派な花である。(人間も同じである)」と、
自分の中の苦悩を消化したはずなのになぜ?
って思いました。

私もびっしり漢字にはり付いています。
先日も、韓国人の友人と花の話をしていて、
「ペガップ」という音にきょとんする私に
彼女が「Lily」と言ってくれて。
「Lily」→「ゆり」→「百合」→「백합 」
やっと「あ~」と納得する私に、
今度は彼女がきょとんと。
漢字からハングルを発想するということに
興味津々のようでした。

投稿: スミレレ | 2012年4月 7日 (土) 23:27

>スミレレさん
コメントありがとうございます。
「百合」は私も「あ~」とやったことがあります。
韓国ネイティブは、漢字は難しいと思い込んでいるようですね。きょとんとする点、納得する点がお互いに違うってほんと、面白いです(*^-^)

投稿: ひがなお | 2012年4月 8日 (日) 13:55

いつも楽しい情報ありがとうございます。
漢字はり付きってまさしく本当!私もそうです。
私は英語もそんな感じで、とにかく綴りが正確であることが発音ができる条件だと思っていて・・・。
だから、話すときは額の上の方にテロップみたいに字が流れていく感じがあります。
日本人全般に言えることなのですよね?
綴りはきちんと覚えてこそ話せるんだ!と厳しく人に言うのも許されるかしら(笑)
また寄らせてもらいます。

投稿: narinya | 2012年4月15日 (日) 22:31

>narinyaさん
初めまして!コメントありがとうございます。
narinyaさんの中国工筆画やハングル書道の作品、拝見いたしました。素晴らしいですね~heart01
アーティストなnarinyaさんでも、漢字はり付き、英語もはり付きなんですか!?
アートな方は音感などの感覚でことばを捉えるのかと思っていました。私はアートとはほど遠いので・・・(;´д`)
テロップが流れていく感じ、まさに私もそれです。
やはり日本人に共通の感覚なのでしょうか。大規模調査してみたいです。

投稿: ひがなお | 2012年4月16日 (月) 23:06

あ、私はじめましてのご挨拶もなく^^;
テロップ!やっぱりそうですよね!
英語の専門の知人もそうだって言ってました。

アーティストなわたくし?でもなくてですね、職人的な側面が強い方なので特に感覚では捉えられないんです。
理解して構築して反復して慣れていくという式ですよね。
その後にたぶん感覚が入り込む余地が出てくるのだと思います。
書道の勉強が軸になっていろいろしてるのですが、書道がまさにそういう分野なので。
章法(あるべき型というか技術というか感覚以前の話です)通りに書くことからはじめて、その後、創造性を養うこととの2本立にして、はじめて「書道」になるのですよ~。
その前者が強いのが中国、後者がたぶんより強いのが韓国書道と言われたりもします。
自然さは正しいリズムが体にしみこんだ後の話で、でも自然さを求めず章法ばかり追っていては本質は見えないという・・・。
楽しい世界で、語学学習とすごく似てます。
是非、今後、このはり付き現象の大規模調査おねがいします!www

投稿: narinya | 2012年4月17日 (火) 10:42

>narinyaさん
なるほど。書道ってそういうものなんですね。初めて知りました。
あるべき型、正しいリズムを身につけたうえでの創造。ふむふむ。
天性の感覚で自由にアートする(ように見える)人たちを羨んでいましたが、やはり感覚ばかりではないんですね。
テロップ現象、他の言語でそういうことがあるのか、調べてみたいです。

投稿: ひがなお | 2012年4月20日 (金) 18:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1439924/44688271

この記事へのトラックバック一覧です: ケナリも花、サクラも花:

« 外国語の水曜日 | トップページ | ハングル検定 »