« 「犬散男」とりあえず | トップページ | びっくりしました »

2013年4月 6日 (土)

「今日もひとり韓国語をつぶやく」

初めて電子書籍を購入しました。


Kyoukan_cover


後藤裕子「今日もひとり韓国語をつぶやく~気ままで楽しい韓国語独学ものがたり」


アマゾンに行ってみると、Kindle版のみで紙の本はないとのこと。
Kindleなどの端末は持っていないけれどiPhoneで利用できるらしい。
iPhoneにKindleのアプリを入れてから、アマゾンサイトで購入してみました。
するとすぐにちゃんと私のiPhoneに入っていました。
ほほう~、電子書籍ってこうやって買うのね、とちょっと嬉しくなりました。

韓国ドラマをきっかけに韓国語を独学してきた著者の熱い思いが、小さなスマホ画面からでも伝わってくるような本です。
軽い気持ちで始めた学習が面白くて仕方なく、言葉とその向こうに見える人びと・文化に新鮮に驚き、もっと知りたい、直接わかりたい、と勉強をすすめていく姿は、そうそう、私もそう思った!と、まるで自分を見ているような気がしました。

野間秀樹先生のFBで、著者の後藤さんと野間先生がやり取りしていらして感激モノです。


紙の本は著者のブログで直接販売して完売し、今は入手困難なようです。


紙の本なら周りの方に貸してあげられるけれど、スマホは貸してあげるわけにいかないのが、残念です。

|

« 「犬散男」とりあえず | トップページ | びっくりしました »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

これは!と思ってなんとかサンプルを見るところまでは出来たのですが、クレジット番号を入れないとダメでしょうか?

どうも注文のところで悪戦苦闘してしまって(^^;)。

すみません。教えてくださ〜い(^^)。

投稿: ハーちゃん | 2013年4月 7日 (日) 02:29

ひがなおさん、わかりましたぁ。Amazonギフト券をコンビ二で買えば良いんですね。

ひがなおさんはクレジットカードでお支払いですか? どうも番号を入力するのがコワくて...。

そちらお天気はいかがでしょうか? 全国的に荒れるって言ってるけど、東京は良いお天気なんですけども(^^;)。

ぽにょっ会の翻訳、読ませていただいています。なかなか量が多くて大変そうですよね(^^)。

投稿: ハーちゃん | 2013年4月 7日 (日) 06:26

>ハーちゃんさん
私はアマゾンなどネットショッピングはほとんどクレジットカードです。やっぱりとにかく面倒なく便利なので。
コンビニなどにわざわざ払いに行くのが面倒だし、ついつい忘れてしまうので。
たしかに最初はカード番号を入れるのがコワかったけど、これだけ皆さん使ってるってことはとりあえず安全なのかと。
こちらは昨日は雨風強かったのですが、今日は今晴れてきました。でも風が強いですtyphoon
この本、首尾良くハーちゃんさんのiPadにやってきますように(*^-^)

投稿: ひがなお | 2013年4月 7日 (日) 14:06

たしかに、クレジットカードのほうが便利ですよねぇ。古い人間なんでしょうねぇ(^^;)。

iPadで無料の本はダウンロードして読んだのですが、有料のは初めてで。

私もずっと完全独学なので興味を持って読めそうです(^^)。

ホント、貸し借りができないんですねぇ...。

こちらも今日になってスゴい風です!

投稿: ハーちゃん | 2013年4月 7日 (日) 14:29

電子書籍がこんなにも進化しているなんて知りませんでしたsign01キンドルってことばも知らなかったんですよ。遅れていますね。でもよさそう。がぜんほしくなってきました。

ハーちゃんさん
私もまだクレジット番号をネットで送ったことがありません。古い人間なんでしょうねcoldsweats01
でも、ひがなおさんのおっしゃるとおり、これだけ皆さん使っていらっしゃるのだから、セキュリティーだってしっかりしてるはずですよね。

うーん、ふたつの思案。

投稿: ゆう | 2013年4月 7日 (日) 20:34

>ゆうさん
これはなかなか面白いですよ。
2005年のテレビハングル講座についての章とか、ドラマ「愛の群像」についての章とか、著者の情熱と愛がビンビン感じられます。
ブログで、紙の本を販売しすべて手作業で配送した様子も興味深く読みました。
英日翻訳家という英語の専門家であるところもゆうさんと共通なのでは?

投稿: ひがなお | 2013年4月 8日 (月) 22:42

やっほー、お久しぶり。
電子書籍デビューをしたのねぇ。
私はまだです。
電子書籍って、端末にダウンロードしたらずっとそのままなんですか?
たとえば、PCに移してそこで保管し、必要なときにiPhoneなりほかの端末に移すとかできるのかなあ。
私はよほど気に入ったり、仕事で必要な本以外はとっておかない(図書館に寄付したり、人にあげたり)ので、電子書籍は無駄な気がしちゃって。

投稿: chilledstate | 2013年4月 9日 (火) 13:13

できました(^^)。

今日コンビ二の機械でギフト券を買って、急いで家に帰ってAmazonに注文しました。もう見られます(^^)。

機械で券を買うのも初めてで...(^^;)。何事も経験ですねぇ。

貸し借りできないけど、私の場合だとiPadを見せてあげれば良いわけですね。

でもまだkindle以外のはどうするのかなぁ。ま、おいおい勉強して行きますね。

ご心配おかけしました。ありがとうございました(^^)。

投稿: ハーちゃん | 2013年4月 9日 (火) 16:53

>chilledstateさん
おお~、お久しぶり! コメントありがとう!うれしいです~~heart04
疑問の点は、端末・ストアによって違うみたいですよ。
基本的にはPCに移したりはできないんじゃ? それができたらコピーが世に出回ってしまうし。
端末の容量が心配で削除しても、購入履歴のある作品は無料でまたダウンロードできるみたいです。制限期間のある出版社もあるみたいですが。
3ヶ月前にようやくスマホに替えたんだけど、やっぱり便利だわ~。
紙の本だとアマゾンとかでも段ボールごみが増えて処理が面倒だし、ごみが出ないところが嬉しい(´▽`)

投稿: ひがなお | 2013年4月 9日 (火) 22:05

>ハーちゃんさん
無事、電子書籍デビューおめでとうございます!
私もまだよくわかりませんが…(^-^;
また感想などブログにアップしてくださいね。
ぽにょっ会の翻訳にもコメントいただければ嬉しいです。

投稿: ひがなお | 2013年4月 9日 (火) 22:08

そっかー。
私はiTunesの音楽や映画みたいにPCに置いとけて、iPodTouchに必要なものだけ移せるならいいんだけどね。
私はスマホじゃないんだけど、外出が少ないのであまり旨みはないかなと思ってます。
買うならタブレットかなと、検討中。
タブレットも、iPad以外だと当然ながらiTunesが使えないので迷ってるんだ。

投稿: chilledstate | 2013年4月 9日 (火) 22:26

ひがなおさん、はじめまして、
ゆこまる、こと後藤裕子と申します。

このたびは、拙著「今日もひとり韓国語をつぶやく」をお読みくださり、またこのように好意的にご紹介くださってありがとうございました。

Kindleストアの販売が結構好調なので、「どうしてかな、どこかで紹介でも?」と適当にキーワード検索していてこちらのサイトを見つけました。

「電子書籍第1号」に選んでいただけて、大変に光栄です^^
電子書籍はまだまだ発展途上の部分もありますが、二度と読まない本が家に積み上がらない、買うほどではないけれどちょっと興味があるという本を気軽に手にできる、などのメリットも大きく、紙の本と共存して発展していってほしい手段だと思っています。

ハングル検定1級を目指しておられるとのこと、韓国語のソmシは、私よりはるかに上だとお見受けしますが、そんな方にも面白がっていただけてうれしいです。
また、当ブログで紙の本を直販したいきさつまで読んでいただけたことにも感動しました。
あれは大変でしたが、出版社に丸投げでは得られない手ごたえがありました。

最近勉強らしい勉強はしておらず、テレビをつけるときはまずKNTV、韓国ニュースは極力視聴、ぐらいでお茶を濁していましたが、また頑張りたいな、と思わせていただきました。

ありがとうございました!

投稿: ゆこまる(後藤裕子) | 2013年4月10日 (水) 15:02

>chilledstateさん
そうだねー。ひが…おっと、chilledstateさんならタブレットがいいかもね。
購入したらまた知らせてね。
私もiPadが欲しくなってきた…。

投稿: ひがなお | 2013年4月10日 (水) 22:34

>ゆこまるさん
著者ご本人から直々にコメントいただけるとは…感激です!ありがとうございます!
びっくりしました。

最近参加したフェイスブックのグループ「韓国語Book cafe」でこの本の紹介があり、これは読まなければ!と電子書籍ダウンロードに初挑戦しました。
野間先生のFBで後藤さんがやり取りされた後に、書き込みがあります。

あとがきに書かれていることは、本当に心に染みます。
心を盛るために不可欠な「器」が言葉、その「器」をそっと手にとって、中を覗いてみるだけでも十分に意味がある…

これからもことあるごとに思い出すだろうと思います。

ブログ拝見しました。
お引っ越し準備でとんでもなくお忙しい中、わざわざコメントいただき本当にありがとうございます。
これからも益々のご活躍を期待しています!

投稿: ひがなお | 2013年4月10日 (水) 22:56

ひがなおさん、
お返事をありがとうございます!

あとがきの中のあの一節は、あの本で伝えたかった事柄の中のエッセンス・オブ・エッセンスでした。
そこを捉えていただけて本当にうれしいです。

先ほどのコメントに書き忘れてしまったのですが、このブログのことを私のブログで紹介させていただいてもよろしいでしょうか?

投稿: ゆこまる(後藤裕子) | 2013年4月10日 (水) 23:44

>ゆこまるさん
もちろん紹介していただけることはいっこうに構わないのですが、細々とごくたまの更新で面白くもないブログですから、何か申し訳ないですがι(´Д`υ)
ゆこまるさんのブログ、とても面白くて読みごたえあります。ときどきお邪魔させていただきますね。

投稿: ひがなお | 2013年4月11日 (木) 12:49

ひながおさん、
本日、拙ブログでこちらの記事について紹介させていただきました。

拙ブログを面白いと言っていただいてうれしいです。物書きブログですので、どうしてもダラダラ長くなってしまい・・・^^

「韓国の旅、詳細レポート」シリーズは、韓国好きの方に特に面白がっていただけていますので、もしもお気が向かれましたらどうぞ・・・(変な旅&長文ですが)

これからも、よろしくお願いいたします。

わたしもまた訪問させていただきますね。

投稿: ゆこまる | 2013年4月13日 (土) 09:39

>ゆこまるさん
わざわざ紹介していただくなんて、なんだか嬉し恥ずかしですが…(/ー\*)
ありがとうございます!
こちらこそよろしくお願いいたします。

投稿: ひがなお | 2013年4月13日 (土) 23:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「犬散男」とりあえず | トップページ | びっくりしました »