« Kの本棚 | トップページ | 「犬散男」第2章まで »

2013年4月27日 (土)

ソウル イヤギ

Kの本棚で購入した絵本「서울 이야기」 김선남 글・그림 (「ソウルのおはなし」 キム・ソンナム 絵・文)

433706_150_2

時代劇に出てきそうな古風な絵の絵本。

ソウルというまちが誕生してから現在に至るまでのお話が、簡潔にわかりやすく書かれています。

Img_0107


李氏朝鮮が成立して新しく都を漢陽(ハニャン)に定め、だんだんまちをつくっていく。

Img_0108

宮殿や通り、市場などができ人が集まって、まちが成長していく。

Img_0109


壬辰倭乱(イムジンウェラン)、日本の植民地支配、朝鮮戦争などの争乱を経て、大都市となったソウル。

ソウルへよく行く方、また時代劇が好きな方は、楽しく見られるのではないでしょうか。

字が少なくて簡潔な表現なので、韓国語を習い始めた方にもちょうどいいと思います。

小さく縦書きで朝鮮王朝実録から抜粋があったり、ちょこっと解説的な部分もあって、楽しいです( ^ω^ )


|

« Kの本棚 | トップページ | 「犬散男」第2章まで »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

GW、いかがお過ごしでしょうか(^^)。

この本、文章は子供でも読めそうですが、全体の印象は渋くて大人向きで素敵ですねー。

私も小さい字のところも全部読みました(^^)。

大事にしま〜す。

投稿: ハーちゃん | 2013年4月28日 (日) 23:47

>ハーちゃんさん
ハーちゃんさんもお持ちなんですね。
ほんと、この色合いが私も好きです。
GWは遠出はなく、のんびり過ごしてます(*^-^)

投稿: ひがなお | 2013年4月30日 (火) 16:14

私はハーちゃんおんにのブログでこの本の表紙だけ見ていいなと思い、3月にソウルに行った時に買いました。
まだ読んでませんcoldsweats01
展示会に小道具として飾ったら韓国らしい雰囲気が出るかな?と思っているところです。

投稿: テラ | 2013年4月30日 (火) 18:41

>テラさん
展示会に小道具として!いいですね~。
いい雰囲気になると思います(・∀・)

投稿: ひがなお | 2013年5月 2日 (木) 12:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1439924/51398331

この記事へのトラックバック一覧です: ソウル イヤギ:

« Kの本棚 | トップページ | 「犬散男」第2章まで »