« 第22回韓国語絵本多読の会 | トップページ | 韓国映画「「わたしたち」 »

2017年10月 2日 (月)

10月の「星をかぞえる会」

尹東柱の詩を学ぶ「星をかぞえる会」。

2か月に1度、名古屋大学東山キャンパス内の教室で研究会を行っています。

今回は主宰の先生と学生さん世代3名、私含め親世代3名の7名で集まりました。

まず先生が最近出た復刻版の一部のコピーをくださいました。


01dbb9677666a953fddb272c873097fb0_2

中は縦書きです。


0130590e79acc9f6ef3bf984e947d518580

右が1948年(尹東柱没後3年)に出た初版本の復刻版。
真ん中と左は同じもので1955年版の復刻版。紙の厚さなどが違います。


01a2c29e1e936e3bb3da98f0117c58162_2


今回は
간판(看板) 없는 거리
태초(太初)의 아침
또 태초(太初)의 아침
새벽이 올 때까지

の4つの詩編を読み、解釈や感想を述べ合いました。

停車場、プラットフォーム、ガス灯、電信柱など近代都市を想起させることばと、
季節や自然を思わせることばが一つの詩の中に融合している・・・

旧約聖書の世界観が色濃く見えるが、必ずしもすべてキリスト教的観点とは限らない…

などなど、いろいろ教えていただきました。

その中である方の感想にビックリ!

L'Arc~en~Ciel の曲の歌詞を思い起こさせる、通じるモノを感じる、というのです。

前回は学生さんが、あるK-POPのイメージと繋がる、とその歌を皆で聴いたりしました。

こういうのがとても面白いです!

一人で読んでいるだけでは気づくことのない、イメージの広がりを感じることができます。


それから今回もK-POPを1曲歌詞を読んでからYouTubeで聴きました。


後半は尹東柱の評伝を読んでいきます。

なかなか持って回った表現や、地名人名がわんさか出てくるので時間がかかり、3ページと少ししか進まず、まだ第1章が終わりません。

まだドンジュの曾おじいさんやおじいさんの話です(^^;)


次回は12月。楽しみです。

|

« 第22回韓国語絵本多読の会 | トップページ | 韓国映画「「わたしたち」 »

韓国語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 10月の「星をかぞえる会」:

« 第22回韓国語絵本多読の会 | トップページ | 韓国映画「「わたしたち」 »